上海教育事情ブログ

上海の日本人向け教育事情についていろいろと書いていきます。学校、塾、語学教室、文化教室、スポーツ教室など。

上海から難関高校受験。英語文法①

高校受験の問題って難しいんですね。高校受験なのに高1~2くらいのレベルじゃないでしょうか。例えばこんな問題があります。

 

下の英文の誤りを指摘しなさい。

I am sure you will enjoy to drive when you grow up.

 

さて、何が間違いでしょうか。

。。考え中

 

。。。。考え中

 

。。。。。。考え中

 

。。。。。。。。考え中

 

。。。。。。。。。。考え中

 

。。。。。。。。。。。。終わり。

 

まあ、中学文法だけをちゃんとやっていても簡単にわかりますね。enjoyは動名詞しか目的語にとらないので、"enjoy to drive"ではなく"enjoy driving"になるはずです。

 

でも、この問題。高校文法をある程度勉強すると時制で悩みます。

I am sure ( that ) you will enjoy driving when you grow up.

(あなたが大人になったらきっとドライブを楽しむでしょう)

 

というような意味でしょうが、それを節ごとに区切ると、

I am sure / ( that ) you will enjoy driving / when you grow up.

となります。つまり、that以下のことを確信しているという内容の中に、さらに「あなたが大人になったとき」というwhen節をとっているわけです。けれども、you will enjoy drivingは未来形なのにwhen you grow upは現在形です。

 

高校は時制を詳しく勉強するので、前者と後者で時制が一致しないのかとごちゃごちゃしてくるところです。結論から言うと、後ろのwhen節は、「あなたが大人になったとき」という時を表す副詞節なので未来のことでも現在で表します。前のthat節は未来の話をしているのでそのまま未来になっていて問題ありません。

 

それだけなのですが、勉強すればするほど難しく感じてしまいますよね。中学英語からの高校受験って結構難しいですけど、高校英語を中途半端に勉強するよりはいいかもしれません。一番いいのは高校英語までちゃんと勉強することなんでしょうけど。

 

ではではー。