上海教育事情ブログ

上海の日本人向け教育事情についていろいろと書いていきます。学校、塾、語学教室、文化教室、スポーツ教室など。

志望理由書の書き方(完成編)

前回、志望理由書の書き方(発展編)を書きました。前回の内容は、大学や企業でしたいこと(近未来の目標)についての書き方でした。そこで大事なのは、自分の得意なことや相手の求める人物像に合わせて「will」「must」「can」の割合を適切に配分することでした。

さて、いよいよ志望理由書の書き方について、最後の内容となります。最後にお伝えしたいことは、「相手の調べ方」です。つまり、相手が何をしているのか、どんな人物を求めているのか、あるいは自分がやりたいことをそこで本当にできるのか、などの詳しいことを調べることです。これは非常に大切なことです。

多くの人は相手を調べる作業が面倒だと思い、軽視しがちです。しかし、受験や就職活動は「お見合いと同じ」と言われるくらい、本当にお互いがいい関係を作れるのかを真剣に考えないといけません。大学であれば4年間以上、会社であればもっと多くの時間を過ごす可能性が高く、自分の人生の大部分の時間を費やすことになるわけですから、それは本当に大きな決断であることを認識しておく必要があるわけです。

恋愛の相手や結婚相手を考えるのと同じように、妥協せず、真剣に考えてください。今回はその方法として、大学の調べ方をできる限り詳しく説明したいと思います。

1. 大学のことを調べる手順

まず、何から調べればいいのかわからない人が多いかもしれません。思いつくことといえば、①ホームページ、②大学のパンフレット、③先輩などの話、④説明会、⑤その他の情報サイト、などになるかと思います。さて、どのように調べるのがいいのでしょうか。

1-1. まずは、ホームページとパンフレット

最初にしてほしいことは、ホームページとパンフレットの精読です。特に、「求める人物像」「アドミッションポリシー」などの内容です。例えば、慶應義塾大学総合政策学部のアドミッションポリシーには次のようなことが書いています。

総合政策学部は「実践知」を理念とし、「問題発見・解決」に拘る学生を求めます。問題を発見・分析し、解決の処方箋を作り実行するプロセスを主体的に体験し、社会で現実問題の解決に活躍する事を期待します。従って入学試験の重要な判定基準は、自主的な思考力、発想力、構想力、実行力の有無です。「SFCでこんな事に取り組み学びたい」という問題意識に基づいて、自らの手で未来を拓く力を磨く意欲ある学生を求めます。

これをただ「問題発見・解決ができる人を求めている」とだけ理解して終わるのではなく、精読してください。「実践知」とは何か、「『問題発見・解決』に拘る」の「拘る」という言葉、「主体的に」「自主的な」「自らの手で」といった言葉、などに注目してください。そして理解しようとする中でわかることは、慶應義塾大学総合政策学部の求める人物像とは、「通常の問題意識ではなく、他の人が不可能だと思っているような問題について徹底的に考え、解決しようとする強い意思と実行力を持つ人」であるということです。このように、もう少し具体的な人物像をイメージできるまで精読してください。

1-2. 実際にどんなことを学べるのかをリサーチする

さらに、その大学でどんなことが学べるのかも具体的にリサーチして下さい。これには、ホームページやパンフレット、オープンキャンパスなどよりもずっといい方法があります。それは、気になる教授の書いた本や論文を読むことです。ホームページなどの情報ではほとんど見えてこない授業で学べる中身を知ることができます。

そもそも多くの大学の先生方は、大学の授業で教えていることと専門書に書いたことがほとんど同じであることが少なくありません。同じ人間がしていることですから、当然といえば当然ですが。ということで、本なり論文なりを読むことで大学で学べることの具体的な内容を知ることができます。

手当たり次第に本を買うわけにもいかないと思ったときには、気になる教授名の後にスペースを入れてPDFというワードを加えて検索してみましょう。例えば、先のSFCの國領二郎教授に興味があるとします。そのときは「國領二郎 PDF」と検索してみるわけです。そうすると、教授の書いた論文や記事が中心に出てくるようになります。そうして何人かの先生に目星をつけて専門書を買うといいでしょう。

さらに質問があればファンレターとして手紙を書いて出版社に送ることだって可能ですよ。

1-3. 「先輩に聞く」はおまけ程度

そうした本や論文を読むことなく、その大学にいる先輩に聞くといったことだけをする人もいます。正直、これは得策ではありません。あくまで追加情報程度であり、それを全面に信用してはいけません。

というのは、大学とはいろんな切り口で見ることができる場所です。例えば、「先輩」にとっては「勉強が厳しい」と思ったとしても、他の人からすると「専門が深く学べて楽しい」かもしれませんし、「楽な授業ばかり」と思うかもしれません。ただ数人の先輩がいるからといって、それで大学全体のイメージを作ってしまうのは良くないですよね。

ですので、「先輩に聞く」はあくまで参考情報程度にしかならないと理解していてください。そもそも、学年が変われば周りにいる学生も変わります。そうして少しずつ変化していくものです。

2. 自分が相手に合うことを伝える

以上の方法で相手の求める具体的な人物像ができたら、次に重要になるのが「自分といかに相性がいいか」ということです。例えば、先ほどの慶應義塾大学総合政策学部の場合は、「通常の問題意識ではなく、他の人が不可能だと思っているような問題について徹底的に考え、解決しようとする強い意思と実行力を持つ人」が求められているということを理解しました。次に、自分がいかにその素養があるかを考えてください。ここでは、実際に慶應義塾大学総合政策学部に出すことを想定して書いてみます。

例えば、「スポーツで全国大会に出場した」や「世界レベルのコンクールで入賞した」という実績をアピールしたところでまだまだ相手の人物像には合いません。それからどんな問題意識を持ったのか、そして、どんな解決方法を実行できるのか、ということを考えます。

ここでは、「テニスで全国大会に出場した」という経験をしたと仮定します。次に考えるべきは、問題意識です。

部活中心の高校生活を過ごし、テニスを続けたいという気持ちの問題と、それを仕事にすると生活を維持できないという問題とのジレンマに陥った。

このような問題意識を持ったとしましょう。ここで、多くの人は、「スポーツはあくまで趣味でやればいい」などで解決してしまいます。しかし、それは本当の問題解決にはなっていません。なぜなら、本当に目指していることは、スポーツを仕事としても普通の会社員程度の生活ができるようなことだからです。趣味として諦めなくてすむ社会を作ることを考えてください。

これまでにも私と同じような気持ちになった人は大勢いるはずだ。私は、次の世代の人たちが同じ気持ちにならずにすむよう、マイナースポーツの人たちを応援する企画を立ち上げたい。その具体的な計画が『マイナースポーツチャンネル』というインターネット番組の制作だ。実際、将棋や麻雀などはインターネットテレビで多くの視聴者を獲得しており、スポーツでも同様のことは可能だろう。また、リアルでのイベントやスポーツ教室、物販なども行うことで、マイナーなスポーツ選手でも十分な生活ができる社会にしたい。

これでもまだ足りません。ここまでで書いていることは、それほど社会的に必要とされている問題ではないように見えます。社会的な意義がなければ、そこまで応援はされないでしょう。

この背景には、社会の多様性が失われようとしている現状への危機感もある。私が学生生活を通して感じてきたことは、経済が停滞するなかで安全な進路を選択することを迫る周囲の圧力であり、社会全体がさらに保守的になることで多くの選択肢を消してしまうことへの懸念である。「いい大学、いい会社」という選択肢しか見せられない社会は、身分や職業が固定された社会のそれと変わらない。私が解決したい問題は、この「社会の多様性の喪失」なのである。

ここからは、大学で何を学びたいのかを書きます。それがなければ、そもそも大学なんて行かずに、自分のやりたいことをやればいいだけですので。

この問題の解決のためには、実践知を重視する貴学で学ぶことが自分にとっての最適な環境だと考える。情報技術に優れた学生や、様々なスポーツに優れた学生、経営者を目指す学生が集まり、そのなかで実践的にメディアの活用や経営学を学ぶことができる。「スポーツビジネス」や「情報社会におけるソーシャル・プロデュース」をテーマとする研究会があり、早い時期から履修したいと考えている。こうして、大学の環境を最大限に活用し、知識や仲間を増やし、そして「社会の多様性」を実現していきたい。その目標の実現のために貴学を志望します。

どうでしょうか。このように、相手のことを知り、そして自分がいかに相性がいいのかを伝えてください。こうして入門編から完成編までの内容を踏まえて、納得のいく志望理由書を書き上げてみてください。

志望理由書の書き方(発展編)

前回、志望理由書の書き方(標準編 後半)を書きました。これまでの内容をまとめておきましょう。

これまで、

  1. 入門編:志望理由書を書くときの心構え

  2. 基礎編:志望理由書を書く流れ

  3. 標準編 前半:志望理由書の中心となる『自分の経験』の増やし方

  4. 標準編 後半:志望理由書の中心となる『自分の経験』の書き方」

とお伝えしてきました。ここまでしっかりと書くことができれば、他に何が重要になるかというと、それは「大学(or 企業)で何がしたいのか」という「近未来について」の内容です。発展編では、「近未来」の内容の書き方についてお話したいと思います。

1. 「will」「must」「can」が一致すること

近未来でやりたいことを書く上で、最も大事なことは「will(意思)」「must(義務)」「can(可能)」が一致することです。このうちのどれか一つが欠けても説得力が欠けてしまいます。

例えば、次のような内容を書いたとします。

私は都市開発の勉強をしたい。特に、オリンピックや万博などの国際イベントを基にした都市開発には疑問があり、より効果のある都市開発を研究することに大きな意義がある。

ここには、「都市開発を勉強したい」という「will」と「研究に意義がある」という「must」はあります。しかし、それをあなたができるのかという「can」がわかりません。もちろん、自分の経験ですでに「can」を伝えられている場合はそれで大丈夫です。しかし、もし明確な「can」が示せていないならば、自分にそれができるという根拠を示しましょう。それを踏まえて、上の文章を直すと次のようになります。

私は都市開発の勉強をしたい。特に、オリンピックや万博などの国際イベントを基にした都市開発には疑問がある。私自身が高校3年間を通して市役所の町おこしにボランティアで携わってきたため、都市開発の難しさは理解できる。だからこそ、より効果のある都市開発を研究することに大きな意義がある。

先ほどの文に一文だけ加えましたが、それでも受ける印象は大きく違うはずです。こうして、自分が近未来でやりたいことには「will」「must」「can」を一致させることを意識してください。

2. 「will」:「must」:「can」の割合を考える

さて、「will」「must」「can」を一致させることは重要ですが、それにしても人によってその割合は違ってきます。例えば、経験豊富ですでに何かの実績を残しているような人であれば「will」:「must」:「can」=2:3:5くらいにする、などの比率を考えることです。以下、3つのパターンに分けておきましょう。

  1. 将来性重視パターン
    「will」:「must」:「can」=5:3:2
    経験や知識が不足している人はこのパターンを考えてみましょう。将来的な可能性をできるだけ明確かつ詳細に書くことに大半を割きます。ただし、関連する見識や知識をつけておくために、関連することに取り組んでいる人へのインタビューや専門書を3冊以上読むことなどで現実性を補うようにしましょう。

  2. 経験重視パターン
    「will」:「must」:「can」=2:3:5
    自分の経験や実績に自信がある人はこのパターンを考えてみましょう。有名な大会やコンクールで賞を取っていたり、誰にも負けないと思うような経験をしてきた人はそのことを書くのに大半を割きます。その際、相手に伝えるべきことに絞って書くことを忘れずに。

  3. 社会性重視パターン
    「will」:「must」:「can」=3:5:2
    比較的基礎学力が高い人はこのパターンが使えます。高校の平均評定が4.5以上の人や、有名大学に在籍する人などは説得力が増します。その場合は、自分のできることやしたいことだけでなく、問題の重要性と解決の意義やそのメリットを論理的に説明することに大半を割きます。もちろんその問題に自分が取り組みたいという意思も必要条件です。

以上のように、「will」「must」「can」の割合を考えることは極めて重要です。また、相手が求めている人物像も調べて、何に比重を充てるかということも考えましょう。例えば、慶應義塾大学総合政策学部や環境情報学部のAO入試では、A方式は「将来性重視」、B方式は「社会性重視」、C方式は「経験重視」であると思われます。あるいは、慶應義塾大学法学部のFIT入試は「社会性重視」に近いように思います。自分が出願するところに合わせて、しっかりと配分を決めて書くようにしましょう。

3. 「大学で学びたいこと」書き方の例

それでは実際に「大学で学びたいこと」について書いてみます。今回は、「将来性重視パターン」で書いてみようと思います。

私は将来、日本とASEANとの外交で中心的な役割を担いたいと考えている。これまでの日本のアジア外交は、自動車を核とする製造拠点や販路の確保が優先事項となっており、そのカードを相手から引き出すための交渉であったように見える。しかし、市場環境の変化によって、今後日本で重視すべきなのは自動車産業に代わる新たな産業の育成であり、そのために有利な条件を引き出すための外交でもあると考える。私自身、タイで5年間を過ごし、日本のゲームや玩具、アニメなどのソフトの人気や質の高さを目の当たりにしてきた。現地のコスプレ大会にも毎年参加し、そこで年々の市場規模の拡大も感じてきた。そうしたコンテンツの海外発信を単に各企業努力に任せるだけでなく、国としても支えていくことができれば、日本を支える大きな産業となるだけでなく、歴史問題を抱えるアジア諸国との関係を改善する上でも役立つだろう。
以上のことを実現するためには、より深く日本のコンテンツ産業を理解しなければならない。また、現地に根付く産業を育てるためには、現地の文化や法律も熟知しなければならない。何より、外交のための交渉術やルールも学ぶ必要がある。これらを学ぶ上で貴学は最適な環境であると考える。○○教授のもとで外交政策を学ぶことができ、△△教授のもとでは、アジア諸国の文化比較を学ぶことができる。早い時期からゼミにも所属し、フィールドワークや留学の制度が整っていることも魅力的だ。以上から、私は貴学を志望する。

上に書いた「大学でやりたいこと」を分析しましょう。

will:
私は将来、日本とASEANとの外交で中心的な役割を担いたいと考えている。これまでの日本のアジア外交は、自動車を核とする製造拠点や販路の確保が優先事項となっており、そのカードを相手から引き出すための交渉であったように見える。しかし、市場環境の変化によって、今後日本で重視すべきなのは自動車産業に代わる新たな産業の育成であり、そのために有利な条件を引き出すための外交でもあると考える。

can:
私自身、タイで5年間を過ごし、日本のゲームや玩具、アニメなどのソフトの人気や質の高さを目の当たりにしてきた。現地のコスプレ大会にも毎年参加し、そこで年々の市場規模の拡大も感じてきた。

will:
そうしたコンテンツの海外発信を単に各企業努力に任せるだけでなく、国としても支えていくことができれば、日本を支える大きな産業となるだけでなく、歴史問題を抱えるアジア諸国との関係を改善する上でも役立つだろう。

must:
以上のことを実現するためには、より深く日本のコンテンツ産業を理解しなければならない。また、現地に根付く産業を育てるためには、現地の文化や法律も熟知したい。何より、外交のための交渉術やルールも学ぶ必要がある。これらを学ぶ上で貴学は最適な環境であると考える。○○教授のもとで外交政策を学ぶことができ、△△教授のもとでは、アジア諸国の文化比較を学ぶことができる。早い時期からゼミにも所属し、フィールドワークや留学の制度が整っていることも魅力的だ。

以上のように分けられます。どうでしょうか。将来性重視パターンのバランスがわかったでしょうか。

さて、次回がいよいよ最後です。「志望理由書の書き方 完成編」で大学や企業のデータの調べ方を紹介したいと思います。

志望理由書の書き方(標準編 後半)

前回、志望理由書の書き方(標準編 前半)を書きました。標準編では、志望理由書の中心となる「自分の経験」の書き方をお話しています。

さて、前半で書いたように何かの経験をしてみた、あるいは、もともと自分で何かにずっと取り組んできた、ということがあれば、次に「その経験をどう整理して書くか」を考えます。

整理とは、不要なものを捨て、必要なものだけを残し、そして正しい順番に並べることです。どれだけいい経験をしてきたとしても、整理がしっかりとできていないと相手にうまく伝わりません。では、不要なものと必要なものとはなんでしょうか。

1. 経験の書き方(悪い例)

例えば、帰国子女であることの経験を書きたいとします。何も考えずに書くとこんな感じになることが多いと思います。

私は小学5年生から中学3年生までをタイのインターナショナルスクールで過ごした。タイの生活リズムはゆっくりしていて、おおらかな人が多いため、海外生活が初めての私にとっては過ごしやすい国に感じた。タイに来た当初は、タイの物価が低いことに驚き、日本とは全く異なる経済事情に興味を持った。しかし、経済発展が著しいタイでは、徐々に物価が高まり、その変化の大きさに社会の歪みが生じていることを感じるようにもなった。例えば、不動産の価格が上昇し、結局もともと資産を持っている階層だけがより資産を増やし、逆にそうでない階層についてはどんどん貧しくなっている。そのような状況を体感するなかで、私は経済学を学び、経済発展する国のさまざまな問題の解決にかかわりたい思うようになった。

さて、経験の書き出しとしてこういう内容を書く人はとても多くいます。その前後の内容などにもよりますが、こうした経験の書き方はそれほど良い志望理由書とは言えません。以下、何が良くないのかをまとめます。

  1. 経験したことが、そこで住んでいなくても経済指標を見たり旅行したりすればわかること。
  2. 本人が経験したことは、タイで生活をしたというだけで、具体的なことが書かれていない。
  3. 「変化の大きさに社会の歪みが生じている」の具体例が不動産の価格上昇の話であるが、それが本当に「歪み」になっているのか感覚的でしかない。
  4. 「タイの生活リズムはゆっくりしていて…」という個人の感想は稚拙に見えるので基本的に不要。
  5. 「経済発展する国のさまざまな問題」が何かについて漠然としていて明確に説明できていない。
  6. どれくらい物価が生じたのかを具体的なデータで示せていない。

以上が、この経験で指摘できる改善を必要とする点です。この悪い例をもとに、経験を書く上で必要なことをまとめると、それは何を経験し、何を学び、何をすべきだと考えたのかを具体的かつ客観的に、そして明確に書いていくということです。極めて基本的なことですが、多くの人は文章の内容に自信がないため、ぼかしたり、感覚的に書いたりしてしまいがちです。

2. 経験の書き方(良い例)

以下に、上の経験を修正したものを載せます。

私は小学5年生から中学3年生までをタイのインターナショナルスクールで過ごした。タイに来た当初は、タイの物価が低いことに驚き、日本とは全く異なる経済事情に興味を持った。しかし、経済発展が著しいタイでは、徐々に物価が上昇し、私の興味は実感する物価上昇とデータでの物価上昇との違いに移っていった。例えば、バンコクで人気のレストランの値段はこの5年間で全体的に2倍近く上がった。一方、消費者物価指数は2012年から2017年では約5%しか増えていない。この差がなぜ生じるのかを深く理解したいと思ったのが私の経済学への興味の始まりであった。

調べていくうちに、一橋大学の阿部修人教授が、消費者物価指数と実感値の差を減らそうと新しい指数として「一橋大学消費者購買指数」を作るなど、より正確な経済指標そのものの研究が現在進行形で研究されていることを知った。そこで自分でも、タイの消費者物価指数と実感値との差を知ろうと、学校の友人たちに協力してもらい、100世帯に物価意識調査のアンケートを行いデータ分析を行い、消費者物価指数と比較したものをまとめた。その中で、特に最低賃金が上昇したとき、物価上昇意識がデータと大きく乖離することを明らかにし、それを学校でEEとして提出した。学校の先生からの評価も極めて高く、物価を正確に測ることへの期待や可能性が高いことを強く感じた。そして、将来的には発展途上国におけるより正確な経済指標を専門的に研究したいと思った。

 

このように、できるだけ具体的に事実、そこから経済学の中でも具体的な問題意識、そして自分の経験へと全体を通して具体的に話を展開していくことが重要です。徐々に具体的にしていくことで、あなたが何に取り組みたいのかが見えてくるようになります。最初は字数制限にかかわらず長い文章になってもいいので、できるだけ具体的に書いていってください。

3. 経験を書くときは逆三角形をイメージする

重要なことをまとめます。経験を書くときは、まずは大きな話から始めて、徐々に具体的に書いていくことを意識します。その際、ぼかすことなく、具体的に、具体的に、と書いていくことで、相手もあなたの人物像を想像できるようになってきます。

イメージするべきは、逆三角形です。抽象的な内容から、徐々に具体的に、そして最終的には唯一の存在としてのあなたに絞っていくようなイメージです。例えば、上の経験を書いている文では次のような流れになっています。

① 経済学に興味を持った。(抽象)
② 経済指標と実感値の違いに注目した。(抽象→具体)
③ 先行研究を見つけて、自分でも調査してみた。(具体の展開)
④ 経済指標に表れない要素を発見して、もっと深く研究したいと思った。(今後への課題)

ただ具体的なことだけ書いても日記のようになったりしますし、抽象的なことだけ書いてもただの情報の羅列のようになったりします。抽象から具体へと徐々に話を展開することを意識してください。なかなか適切な言葉が見つからないこともありますが、調べたり、本を読んだり、先生に聞いたりして、なるべく適切な言葉を探していく作業、それが志望理由書です。

次回は発展編として、近未来でやりたいことの書き方について説明したいと思います。

志望理由書の書き方(標準編 前半)

前回、志望理由書の書き方(基礎編)を書きました。基礎編では、志望理由書の「基本的な型」をお伝えしました。

基本的に書いてほしいことは次の3点です。

  1. あなたの夢(未来について)
  2. その夢を持ったきっかけ(過去・現在について)
  3. そのために大学(or 企業)で何がしたいのか(近未来について)

ということです。しかし、基礎編で本当に伝えたかったことは他にあります。枠組みばかりを意識するとどうしても中身の薄い志望理由書になってしまうことが多々あります。ですので、型に当てはめようとするのではなく、まずは以下のことを念頭に置いてください。

志望理由書を出さなければならないとき、そこで相手から求められていることは、その人が一貫して何かに取り組んできたことから得た相手をひきつけるような魅力です。じゃあ、その魅力はどうすれば出るのか。それはあなたの経験を振り返り、現在のあなたと繋ぎあわせ、それを今後どうしたいかを決める作業を真摯に行うことです。そうすることで、信念を持った人であることを相手に伝えることができます。その信念こそが魅力として相手に伝わります。

以上のことを意識した上で、今回は、志望理由書でもっとも重要になる、型の部分でいう「夢を持ったきっかけ(過去・現在について)」のところにあたる「自分の経験」の書き方について整理したいと思います。

1. 「自分の経験」が志望理由書の要

志望理由書といえども、結局のところその半分以上を割くことになるのは「自分がどんな人間か」を伝えることです。それはなぜでしょうか。

例えば、「将来、医者になりたい」となりたいことを書き、「医者は多くの人を救うことができる」「小さいときに助けてもらった」「憧れの仕事である」などの理由を並べるとしましょう。それだけでは何かが足りないように思いませんか。その足りないものとは、「志望していること」はわかるのですが、「今まで何か努力してるの?」という現実性の問題であり、さらに「なぜ、他の人でなくあなたが医者になる必要があるのか」という、他の誰でもなくあなたがそれをすべき妥当性です。

では、さらにどのような内容を書くべきでしょうか。先の医者になりたいという例であれば、「高校の生物の授業で遺伝を習って以来、遺伝の分野に強く興味を持ち、近くの大学で開催されるシンポジウムに参加したり、高校の論文でガンに対する遺伝の関係について研究したりした。そうした興味をさらに発展させ、医師になるとともに、遺伝学からのアプローチによってより高度な医療技術を確立したい」などということを含めれば、他の高校生よりもこの人が医者になるべき理由が客観的にありそうです。何せ、すでに自分の分野でやりたいことを自分のできる範囲でやっているのですから、ただ「~したい」という状態の生徒より現実性がありますよね。

つまり、志望理由を書くときに最も重要であり字数を割くことにもなる箇所というのは、「自分がどんな人間か」あるいは「自分が何をしてきたのか」ということを通して将来の夢に対する現実性と妥当性を伝えるところなのです。

2 「.そんな経験したことない」と思ったとき

そこで問題となるのは、「そんな経験したことない」という人です。というよりは、ほとんどの人はそんな経験したことないですよね。そこでいくつかの解決策があります。

2-1 イベントやキャンプ、ツアーに参加する

まず解決策の1つ目として、「期間限定イベントに参加する」という方法です。例えば、夏休み中のサマーキャンプやスタディーツアー、政府の主催する「青年の船」などの青年国際交流であったりです。こうしたイベントから知れることはたくさんありますし、学校以外の人とリアルに知り合うとてもいい機会だと思います。

以下、具体的な活動も紹介しておきます。

  1. 内閣府の青年国際交流事業:日本政府が行っている中高生対象の様々な国際交流プログラムです。特に「世界青年の船」事業は有名。
  2. learning across borders:最も質の高いスタディーツアーの一つだとおすすめしたいアジアのスタディーツアーです。大学生中心。
  3. 日本の次世代リーダー養成塾:高校生対象のリーダー養成としては先駆け的存在。
  4. Youth Connection @ STARBUCKS:コミュニティコネクションの一環として行われた高校生対象のプロジェクト。

探してみるとまだまだあると思います。できるだけ主催がしっかりとしているものを探すといいでしょう。

2-2 専門分野の知識を高め、論文を書く

2つ目の解決策は、自分の興味のある専門分野に関する専門書をまとめて5冊しっかり読み込むことです。本は、著者が何年もかけて経験したことをまとめたものなので、自分の経験不足を補うような情報や考え方を学ぶことができます。その知識をもとに何か簡単なアウトプットを行うことができればさらにいいでしょう。論文コンテストや作文コンクールなどを探してみましょう。学校によっては、課題などで論文を書く機会もあり、それを利用することも可能でしょう。

以下、具体的な論文コンテストも紹介しておきます。

  1. 小泉信三賞全国高校生小論文コンテスト:慶應義塾大学主催の小論文コンテスト。大学への推薦のときにもかなり評価されます。
  2. 高校生小論文コンテスト:毎日新聞主催の小論文コンテスト。こちらもかなり有名です。
  3. NRI学生小論文コンテスト:野村総合研究所が主催する小論文コンテスト。こちらは大学生も対象。

2-3 地元でフィールドワークやインタビューを行う

3つ目の解決策は、自分の興味のある分野の経験者に自分で連絡を取り、そしてインタビューすることです。それが親でも学校の先生でも、あるいは地元の商店の店主でも、誰であれ、かまいません。お願いして、直接話を聞いてみましょう。

そうすることで、他の人が知らないような具体的な情報を得ることができます。例えば、あなたが医師に興味があるのであれば、実際に地元のお医者さんに話を聞いて、その地域の抱える問題を具体的に聞くことができます。もし、機会があれば何か手伝えることがないか聞いてみてください。さらに自分の経験を増やすことができます。

以上のように、とにかく、あなたが興味があることに対して、あなたが最もやりやすい方法で何らかの行動を起こしていくことが大切です。

3. 前半まとめ

あなたが将来の夢を伝えるうえで、最も重要になる経験をどのようにして増やしていくかについて説明してきました。

「具体的な将来の夢なんてない」という人もいると思います。それでいいんです。そもそも、将来の夢なんてふわふわしたものです。生まれた途端に将来の仕事が決まっているなんて時代に生きていないわけですから、それで悩むのも当然。ただ、何か具体的な行動をしながら、自分がどう感じるのか、他人からどう評価されるのかを経験することは、将来の夢がきまっていなくてもできるはずです。だから、先に行動をしておくことが大事。将来の夢はその後に自然と見つかるはずです。

以上、志望理由書の書き方(標準編 前半)では、経験の増やし方について説明しました。後半で、その経験の整理の仕方についてまとめたいと思います。

志望理由書の書き方(基礎編)

前回、志望理由書の書き方(入門編)を書きました。
shanghai-education.hatenadiary.com

前回の内容は、志望理由書を書くための心構えみたいなもので、一番大事なことではありますが、それ自体で志望理由書がかけるようになるわけではないですよね。ということで、今回から実際に書くためのプロセスに入っていきます。基礎編では、志望理由書の枠組みを紹介したいと思います。

 

1. 志望理由書の流れ

そもそも何を書けばいいの?という人も少なくないと思いますが、基本的に書いてほしいことは次の3点です。

  1. あなたの夢(未来について)
  2. その夢を持ったきっかけ(過去・現在について)
  3. そのために大学(or 企業)で何がしたいのか(近未来について)

この順番に丁寧に書いていけば志望理由書が書けます。例えばこんな感じです。

<志望理由書例>

(未来について)

私はアジアを担当する日本の外交官になり、アジア各国の関係を円滑化するためにリーダーシップを発揮したい。

(過去・現在について)

私は北京のインターナショナルスクールに6年間通ってきた。インターとはいっても、そこに通う生徒は、台湾、香港、韓国、タイなどのアジア系の生徒ばかりであった。そこで私は学年で唯一の日本人として通い、日本とアジア各国との関係を考える機会を得た。

中国で反日デモが起こったとき、中国系の生徒が私に悪口を言ったことがあった。日本人というだけで悪口を言われ、とても悔しかった。しかし、後でその話を知った韓国人学生が「私も日本の政治は好きじゃないけど、〇〇は私の友達だ」と言ってみんなに注意してくれた。そのとき私は彼の言葉に救われたし、それ以上にみんなをまとめた彼を尊敬した。そして、私も彼のような存在になりたいと思うようになった。

その後、同級生たちに日本の情報を発信しようと、観光ガイドを作るプロジェクトを立ち上げた。日本に関心があった同級生を集め、夏休みを利用して東京や大阪をまわった。ここで重視したことは、ゲームセンターを特集するなど、若い人たちで気軽に楽しめる刺激的な場所を紹介したことだ。学校で発表したところ大人気になり、北京の旅行雑誌の編集者の目にもとまり、その雑誌でも日本のゲームセンターが紹介された。

こうして私は、複雑な問題を抱えるアジア各国であっても、リーダーシップをとって適切に情報を発信していれば、良好な関係を保つことはできると実感した。そして具体的に外交官という仕事を意識するようになった。

(近未来について)

私の目指すリーダーシップのある外交官になるためには、まだまだ学ばないといけないことが多くある。歴史問題、国際政治や国際法、比較文化など幅広く学びたい。また、情報発信の手段が極めて多様で簡易化している現代において、メディアでの情報発信もしていきたい。

以上のことを踏まえて考えたとき、貴学は私の学びたいことを最も多く学べる環境だと思った。外交に詳しい〇〇教授や、メディアの実践論を教える〇〇教授などは特に魅力的だ。また留学生や留学先の大学の選択肢の多さは、さまざま国や地域の人の考え方を理解する絶好の機会だと思う。

以上から、私はアジアで活躍できる外交官になるために、貴学を志望する。(1000字程度)

(例として適当に書いたものですので、事実とは異なります)

 

2. 枠に合わせても、内容がないと陳腐になる

こうして枠にはめて書いてみると、ある程度のものが出来上がります。上の志望理由書の例も、「①あなたの夢→②その夢を持ったきっかけ→③そのために次に何がしたいか」という流れを意識して1時間程度で書いた文章です。まずこの程度まで書ければ、他の学生とそれほど差は出ないと思います。むしろ、どこかの機械で採点させれば良い点数がでるはずです。

こうした志望理由書の採点というのは、あくまでも適切な語彙を用い、論理性や一貫性、具体性があって、それが志望先と合っていればいいだけです。もっと言ってしまえば、多くの志望理由書の添削で行われているのもこの観点からの指導です。

しかし、このレベルは少し練習すれば誰でも書ける内容であり、これだけでは本当に良い志望理由を書けるわけではありません。志望理由書を出さなければならないとき、そこで相手から求められていることは、その人が一貫して何かに取り組んできたことから得た相手をひきつけるような魅力です。

じゃあ、その魅力はどうすれば出るのか。それはあなたの経験を振り返り、現在のあなたと繋ぎあわせ、それを今後どうしたいかを決める作業を真摯に行うことです。そうすることで、信念を持った人であることを相手に伝えることができます。その信念こそが魅力として相手に伝わります。

だから、志望理由書の書き方(入門編)で伝えたように、志望理由書にコツなんてないんです。自分の信念は、コツでは生まれません。コツはあくまでもきれいに見せるための服のようなものです。コツだけで書かれた志望理由書はどこか陳腐に見えます

前回は「相手の立場で考える」ということが大事でした。今回は、自分のことをしっかりと見つめなおすことが大事です。それを面倒くさいなんて思わずに、時間をかけてやってみて下さい。

上海の教育事情について(2017年)

1.2013年→2017年 上海の日本人向け教育事情の変化概要

上海の教育事情について、2013年の記事をご覧になっている方が多くいらっしゃいましたので、ちゃんと最新の情報を発信していかねばと思い、更新頻度を高めようと思っています。というのも、2013年当時は日本から上海に来る方が多かった時期でしたが、今はまた状況が違います。以前よりも落ち着いた上海で、どのような教育事情なのかを客観的にお伝えできればと思います。

 

まず、2017年度になって目立ったことといえば、古北・虹橋ではウイングさん、浦東では上海アカデミーさん、enaさんなどの学習塾が教室を閉めたりしています。日本人も徐々に減るなかで拠点を集約しているのでしょうか。そのあたりの詳しいことまではわかりませんが。そうした学習塾の選択肢は減ったようにも思います。

 

一方、教育内容的には少し充実してきたのではないでしょうか。2013年頃までは上海に新しく来る日本人の方が多く、どの教育機関も増える生徒さんをどう対処するかに追われていた気がします。それは学校しかり、塾しかりです。例えば、日本人学校高等部では毎年のように先生の入れ替わりがありまし、先生不足に対応するために、経験の浅い先生方で何とか乗り切ろうとしている所もありました。しかし、最近ではそうした新しく来る日本人の方の数が減ったぶんだけ、逆に各教育機関には今いる生徒さんとしっかりと向き合う時間ができ、教育環境としては落ち着いたようにも思います。

 

2.上海の教育事情で最も変わったこと

ところで、一番大きく変わったと思うことは上海日本人学校浦東校の中学部の教育内容です。毎年定期テストは確認しているのですが、特に数学のテストが簡易化しています。逆に国語はやや難化傾向にあります。

 

この理由は簡単で、担当の先生の任期の問題です。以前数学で難しい問題を出すことで有名だった先生が帰国され、今の先生は比較的基本問題を中心に出すようになっているかと思います。そのため、以前であれば数学の定期テストの平均点が50点台ということもありましたが、今では平均点が60点後半から70点台と高くなってきています。

 

このこと自体はいい傾向だと思います。そもそも公立的な位置づけでもある日本人学校があまり難しい内容をテストに出すのは不適当だと思うからです。基礎的な知識やそれを少し応用する力を測ればいいと個人的には思います。

 

一方で国語は難化しているように思います。そもそも先生の要求するレベルが少し高い。テストの平均点が50点台だったときもありました。それを考慮せずに自分の子どもの国語力がないと心配する方もいますが、そうではなく、先生の要求しているレベルが上がったことが最も大きな原因です。

 

3.お伝えしたいこと

以上のようにあまり内容がない文を綴ってきましたが、何が申しあげたかったかと言いますと、昔の情報はあまり役に立たないということです。「日本人学校でどれくらいの成績を取っていたからどれくらいの高校に行ける」とか、「あの高校に行くにはどれくらいの偏差値が必要」とか、お母さん同士で話されたりしますが、その情報が何年の話なのか、そもそも事実なのかをしっかりと整理しておくことが必要です。

 

この記事を書いた一番の目的は、まずは情報収集ではなく、お子さんの現状をしっかりとみてあげることが何より大事、ということをお伝えすることです。テストの点数だけを見たり、過去の情報をいろいろ集めて焦られたりしても、それが何を意味しているのかを読み取るのは難しいです。

 

それよりも、まずは学校の勉強において、お子さんにどんな実力がついていて、どんな癖があって、どんな考え方をしていて、どうしたいと思っていて……というお子さん自身のことを見てください。そして、お子さんの現状をちゃんと理解したうえで、必要であれば何を改善していくかをお子さんと共有してください。

 

海外だから情報が無くて心配になり、いろいろと焦ってしまう保護者の方は多いですし、それはお子さんのためを思っていることは重々承知しています。しかし、その焦りのなかには少なからず「早く自分の心配事を片付けたい」という自分のための焦りもあるはずです。ですが、子どもは保護者の方のそんな気持ちを察してはくれません。ですので、保護者の方からお子さんの現状をなるべく理解してあげ、そのうえで本当に合う教育環境や進路等を探すのが何よりも大事だと思います。

 

志望理由書の書き方(入門編)

1. 一番大切なこと

入門編では、志望理由書の書き方の基本的なことについて説明しておきます。まず、書類を作成する上で一番大切なことを伝えます。
それは、相手の立場になって考えるということです。「自分をアピールする」のが重要ではなく、「相手がどんな人を求めているのか」ということを相手の立場で考えらえるようになることが大事です。

例えば、自分は「得点をたくさん取るストライカーです」とアピールしたとしましょう。相手もそういう選手を求めていれば、それでうまくまとまります。しかし、「ストライカーの選手層は厚いから、ディフェンスが欲しい」と思っている相手であれば、そのアピールは何の意味もありせん。

そういうことで、大事なことは「相手の視点」を持つことです。

2. 相手の立場で考えるために

では、どうやって相手の立場で考えられるようになるでしょうか。そこには2つの方法があります。1つ目は、「相手のことをしっかりと調べる」ことです。

特に相手の求める人物像を精読してください。そしてその人物像に自分が合っているかをじっくり考えてください。「有名なところだから」や「何となくの憧れ」だけではなく、実際に自分と相手との相性がいいのかを真剣に考えましょう。それが最低限のマナーです。

時間やある程度の知識がある方への情報収集の方法は標準編や発展編でお伝えします。

 

2つ目は、書類を見てもらう相手の貴重な時間を奪う、ということを意識することです。「そんなこと大事なのか」と思ったならば、あなたの書類はかなり雑なものになっています。

相手の貴重な時間を使って自分の書くものを読んでもらうという意識があれば、相手が求める情報を詳しく書き、読みやすい字体や言葉遣いを心掛け、必要とあれば資料を添付して……と、さまざまな配慮をするはずです。そうして、配慮されて作成された資料は、適当に作られた資料と明らかな違いがあります。なので、そうして相手の時間を意識することは極めて大切です。

3. コツなんてそもそもないから、気にしない

志望理由を含めた書類作成が苦手ということでコツを求める人が多いですが、そもそもコツなんてないと思ってください。合格した人の志望理由書を真似すれば合格ラインの書類になるわけではありません。

書類の採点とは、書類審査があるたびに大学や企業がそれぞれ独自に合格者を決めてきました。担当者の違いや、同じときに応募している人の書類の完成度の違いなどによって自分の評価は変わってしまいます。つまり、志望理由書に正解なんてない、ということです。

だからこそ大切なのは、相手のことをできる限り知り、その上で自分と相手が本当に合っているのかをしっかりと考え、そして相手のことを思いやってコミュニケーションをとることです。それが正解の書類作成です。